脳筋ムゲンダイマックス

ポケモン剣盾ランクマ

【ピカチュウ対戦チュウ!】脳筋Aライチュウ【最終87位・R1701】

どうもかっしーです。

皆さんは覚えていますか?集団幻覚と言われた公式大会、「ピカチュウ対戦チュウ!」を。大会終わってから2週間経過しまだ結果が出ないの笑っているんですがおそらく最終2桁取れたと思いますので記事書いていきます。やっと結果出たので一部編集しておきます。なんとか最終2桁に残れました。GSルールで有終の美を飾れなかったのでこっちで現実逃避だとか承認欲求だとか言わないでください。今の僕に正論は毒です。以下常体。

結果

TN:かっしー 最終87位(R1701)

最終日のみ潜って22勝9敗。

はじめに

ピカチュウ一族のみの面白そうな大会あったのでおふざけで参加しようと思ったが、「対面構築しか使えない」環境とのことで頑張ってみることにした。

原案はるーさんより頂いたのでその調整や立ち回りは以下に記載。(掲載許可頂いています)

そこから練習会潜っていく中でケアすべき型や技の刺さり等を自分なりに考え微調整を重ねて完成した。詳細は個体紹介にて記載していく。

コンセプト

Aライチュウ初手ダイマからの逃げ切り

個体紹介

Aライチュウ@命の珠

特性:サーフテール

性格:無邪気

実数値:135-106(4)-70-147(252)-94-178(252+)

サイコキネシス/破壊光線/電光石火/甘える

調整

C…H252D4振輝石ピカチュウに対し、

  1ターン目素状態にサイコキネシス+

  2ターン目ダイマD+1状態にダイサイコで216/252(84.37%)で落とせる

S…ミラー意識で最速

石火のリーチを少しでも伸ばしたいのと、特殊技あまり打たれないと思い性格は無邪気

 

初手ダイマ要員。

絶対初手選出しうち半分くらい初手ダイマ切っていた。

対面構築は初手出し負けが勝敗に大きく影響するが、環境トップのこいつを臆せず初手に出せることでストレス少なく展開できることが多かった。

そしてそのストレスをより減らすために初手に誰が来ても対応できる技構成と立ち回りができる型を目指した。

まず技構成について。

HB輝石ピカチュウを意識し防御換算にならないサイコキネシス、最大打点のダイアタック媒体として破壊光線、ピカチュウピチューに対し隙を見せない電光石火と甘える。

ダイサイコが偉く、ダイマを切り合った体力ミリのAライチュウを死に出しから電光石火や猫騙しで処理しようとするピカチュウピチューに刺さった。

次に立ち回りについて。

初手ピチューの場合は堪えるを絡めたダイマターン枯らしとじたばたの火力低減のため甘える。

初手ピカチュウの場合は以下3パターンの動き。

①襷個体の場合、高速移動+穴を掘るケアのためサイコキネシス+電光石火。

②HB輝石個体の場合、サイコキネシス+ダイサイコ。調整欄の意味不明な与ダメージ計算はこれ想定の動き。

③電気玉個体の場合、初手ダイマケアでサイコキネシス。こちらも初手ダイマを合わせたところで、Aライチュウからの攻撃はいくら無振ピカチュウといえど1発耐えるし、返しのダイアースでワンパンされる。

①~③のどのパターンであれ、初手ピカチュウに対しては1ターン目にダイマを切らない動きが正解だった。

なお本番では初手から来る襷と輝石のパターンは見られなかったので杞憂だった。練習会ではいたのに…。

初手ライチュウの場合は原種でもアローラでもダイアタック。珠原種ライチュウに同速負けてダイアースぶち込まれるのと、白いハーブ原種ライチュウがダイアタック+ダイアースの動きしてくると本当にキツかった。どう見ても原種の方が太っているし同速負けるのはおかしい。

 

ピカチュウ@電気玉

特性:避雷針

性格:陽気

実数値:111(4)-107(252)-60-×-70-156(252+)

じゃれつく/穴を掘る/電光石火/守る

調整

S…ミラー意識で最速

 

スイープ兼第2のダイマ要員。

Aライチュウのところで書いたが、「初手ダイマ電気玉ピカチュウ」でAライチュウが倒された場合こいつにダイマを切る。

技構成はラグがない技の中で期待値が比較的高いじゃれつく(と思っていたがのしかかりの方が高い)、全ポケモンに弱点を突ける穴を掘る、先制技の電光石火、穴を掘るへの保険かつダイマ枯らしとして守る。

HB輝石願いごとピカチュウには本当に勝てなかったし電気玉に囚われない発想持てる人凄いってなった。

 

ピチュー@気合の襷

特性:避雷針

性格:意地っ張り

実数値:95-101(252+)-36(4)-×-55-112(252)

猫騙し/じたばた/堪える/リフレクター

調整

A…じたばたの火力確保のため特化

 

ダイマ枯らし兼スイープ要員。

技構成は先制技の猫騙し、最大打点のじたばた、ダイマ枯らしの堪える、こちらのラス1ピカチュウのサポートとしてリフレクター。

ダイマを完全に枯らすクッションとしての役割が偉かった。上手い人はライチュウミラーでダイマを誘発させてピチュー引きして後発ダイマライチュウでの詰めを強く使う動きをしていた。どのみち殴られるだけの人生に涙が止まらない。…だとしたらBD個体値落とすべきだった。

選出

初手Aライチュウ+ピカチュウ+ピチュー

これしかやってない。

反省

強い人はピカチュウをHB輝石願い事にしたりライチュウを残飯身代わりで使って裏からの詰めが強力なイメージだった。数値が低い分余計に上から殴って制圧しようとしていた僕とは雲泥の差だしメタゲームが強い人の発想を勉強したい。

最後に

やはり対面構築しか存在しない最高の大会でした。「新春!おみくじバトル」ぶり2度目の公式大会最終2桁嬉しいです。隙間時間にランクマしていましたが数値のギャップに泡吹いていました。また面白そうな公式大会あれば頑張ります。ここまで閲覧頂きありがとうございました!

P.S.

原種ライチュウよりAライチュウの方が可愛い。