脳筋ムゲンダイマックス

ポケモン剣盾ランクマ

【チャンピオンリーグ】ドラパ始動対面構築【最終88位・R1717】

どうもかっしーです。

今回、公式大会「チャンピオンリーグ」で最終2桁に残れましたので記事書いていきます。

今まで自分が獲得してきた公式大会の2桁は指振りTODやピカカス対面環境だけでしたので、やっとまともなルールで結果を残せたのが嬉しいです。お時間ある方は読んで頂けますと幸いです。以下常体。

 

結果

TN:かっしー 最終88位(R1717)

31勝14敗。

コンセプト

・後発ダイマでの制圧

・ドラパルトが持つデバフ性能の押し付け

構築経緯

①現環境においてトップメタだと思うドラパルトを採用したいと思い型を考察。

 壁貼り→そもそも壁展開不慣れなので却下

 拘りスカーフ→同速ゲーが不毛

 命の珠→ドラパに持たせなくて良くないか?

 弱点保険→立ち回り窮屈そう。ポケ仙。

 上記を考えたが今一つピンと来なかった。悩んでいたところ、ありげいつくんが「食べ残し持たせた身代わり鬼火電磁波祟り目が強い」と教えてくれたので初手出しミラー以外に安定する型だと思い構築の軸とした。

②ドラパルトでデバフを押し付けた後のダイマエースその1として強運ピントレンズトゲキッスを採用。

ダイマエースその2として弱点保険メタグロスを採用。

④ここまでで①で挙げた「初手ドラパミラー」への回答が必要だと思ったので有象無象のドラパルトに強そうな顔をしているHDカゴのみバンギラスを採用。

⑤まだ物理方面や積みへの回答が薄いと感じたのでHB火炎玉ミロカロスを採用。

⑥最後の枠として、直前までミロカロスで見づらいゴリランダー等を誤魔化す枠としてHB厚底ブーツウインディを採用していた。しかしほとんど選出していなかったことや奇襲性能を高めるためにらくラージくんが使っていた命の珠ウインディを採用してダイマに依存せず対面的に選出しやすいコマとした。

個体紹介

ドラパルト@食べ残し

特性:すり抜け

性格:臆病

実数値:193(236)-×-101(44)-127(52)-97(12)-201(164+)

祟り目/鬼火/電磁波/身代わり

調整

H…16n+1

HB…無振ウインディのじゃれつくを食べ残し回復込みで253/256耐え(98.83%)

HD…臆病252トゲキッスマジカルシャインを確定耐え

S…最速130族+1

C…余り

 

構築の軸。初手に置いてあらゆる仕事をこなしてもらう過労死枠。

初手ドラパルトで展開するのが構築として決めやすいと思い、そこでありげいつくんから教えてもらった最高の型。

ボスゴドラエアームドのような起点要員や欠伸を絡めてくるトリトドンサンダースシャワーズには状態異常の押し付け+祟り目+身代わりで起点回避が可能。

45戦しかない公式大会で、命中不安の状態異常技が軸となっている時点で安定感はなかったが無警戒な相手は簡単にハメられるため使っていて楽しかった。

BDの調整は練習会で当たって意識していたが本番で活きた場面はないし、それならSをもう1伸ばすことで岩石封じを当てられても最速エアームドより速くすべきだった。

トゲキッス@ピントレンズ

特性:強運

性格:臆病

実数値:161(4)-×-115-172(252)-135-145(252+)

エアスラッシュ/マジカルシャイン/火炎放射/悪巧み

調整

CSぶっぱ

 

ダイマエースその1。50%急所は確定急所。

環境に蔓延るドラゴン勢に単純に強いことと強力なダイジェッターとしての要素を備えた抜きエースとして採用。

ダイマックス前提の型として使うために特性を強運とし、更に上振れ要素を押し付けられるピントレンズを持たせた。現環境でホウオウを使ったことがある方は多いと思うが、あの感覚で急所にブチ当てる。こいつは存在してはいけない。

メタグロス@弱点保険

特性:クリアボディ

性格:意地っ張り

実数値:187(252)-200(212+)-151(4)-×-111(4)-95(36)

バレットパンチ/雷パンチ/冷凍パンチ/地震

調整

HB…ダイマ時陽気252珠エースバーンのキョダイカキュウ確定耐え

S…麻痺した最速エースバーン抜き

 

ダイマエースその2。ポケ仙型は正義。

ダイマ時の打ち合い性能を盾に弱点保険で火力を底上げする動きが強かった。弱点保険発動後のバレットパンチの縛り性能を高めるためにダイウォール媒体を入れたかったが、抜きたい技が無くて泣いた。

バンギラス@カゴのみ

特性:砂起こし

性格:慎重

実数値:207(252)-155(4)-131(4)-×-165(236+)-83(12)

ロックブラスト/イカサマ/ステルスロック/眠る

調整

S…4振ラプラス抜き

 

ドラパ牽制枠。そんなに出さなかった。

ドラパルトに強い顔しつつ環境に一定数いたエースバーンゴリランダーギャラドス等を見ると出しづらかった。(出せたかもしれないが裏への負荷が大きい。)

だが砂やステロでのスリップや見た目での圧が強力だと思っていたため代用を考察しきれなかった。

ミロカロス@火炎玉

特性:不思議な鱗

性格:図太い

実数値:202(252)-×-144(252+)-120-146(4)-101

熱湯/冷凍ビーム/自己再生/黒い霧

調整

HBぶっぱ

 

物理受け兼積みへのメタ。地味にMVP。

不思議な鱗が発動していれば物理ドラパも見られるであろう+有象無象の物理アタッカーに役割を持てると思い採用。

ここまでで積み構築への回答が薄かったので黒い霧はマスト。

どんな環境でも自分が組むと対面的な構築となりがちだが、こいつのようにクッションとなり相手に確率を押し付けてTODルートも取れるポケモンは選出パターンも柔軟に考えられて最高のポケモンだった。

ウインディ@命の珠

特性:威嚇

性格:意地っ張り

実数値:165-178(252+)-101(4)-×-100-147(252)

フレアドライブ/じゃれつく/ワイルドボルト/インファイト

調整

A…A±0でH4振ダイマギャラドスワイルドボルトで10/16(62.5%)で落とせる

S…最速81族抜き

 

地雷枠。

構築経緯でも書いたが、本来は厚底ブーツを持たせたHB特化で使っていた。しかし、ゴリランダー以外はミロカロスで見られることから鋼への圧を持たせつつ想定外の火力を押し付ける枠を探していたところらくラージくんより教えてもらった。選出できる構築は限られてくるが、基本的に初手に投げてダイマックスをせず技範囲を押し付けていく。ちなみに絶対負けられない2桁チャレの時はしっかり3タテを決めてくれたしイケメンだった。

選出

初手ドラパルト+トゲキッスorメタグロス+ミロカロスorバンギラス

初手ドラパルトで起点を作ってからトゲキッスメタグロスの攻めゴマ2枚で抜いていく、もしくはミロカロスバンギラスをクッションとしつつトゲキッスメタグロスを通していく。

初手ウインディ+@2

初手ドラパルトで展開するよりも頭数を減らしていった方が有利に働きそうな構築に対して投げていく。これが明確にどんな構築なのかは言語化できていない。

反省

杜のヨウカンオフ会場で混線していたのか分からないけど2戦連続選出画面で回線切れとなった時は泣いた。

Special thanks

・最強ドラパルトを教えてくれたありげいつくん(連番やったぜ)

・地雷ウインディを教えてくれたらくラージくん(3タテやったぜ)

・ドラパルト研究会として応援してくれたゆうたさん(ブログ名攻めてくれ)

最後に

公式大会3回目の最終2桁嬉しいです!今まではふざけまくったルールでしか結果残せませんでしたが、プールが狭いまともな環境で自分なりに試行錯誤して構築組んだり立ち回りを考えたのを形に残せて良かったです。現行ルールのランクマやる気ないですがこれを機に頑張っていこうかなと思ったり思わなかったり。8世代はまだまだ続きますしSVまで全力で楽しみます!ここまで閲覧頂きありがとうございました!

P.S.

キョウタさんの3位すげえ。